スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児の発表の場について 

2016, 01. 27 (Wed) 18:00

20160123stagedayo

絵本でおんがくでは、年に1度、「人前でのパフォーマンスの場」の提供をこころがけています。

「のど自慢大会」であったり、
「かくし芸大会」であったり、
「新年会」であったり…。

形は違いますが、主役はこどもたち!

ちいさな、ちいさな、手作りのステージですが、みんなが見守る中、前に立つだけでも、いつもと違う雰囲気を感じます。
へっちゃらな子がいれば、
ママにくっついて、恥ずかしがる子もいます。

恥ずかしがってもいいのです。
おとなだって同じ気持ちです。

ママにとっては、おこさんの新たな発見にもつながるかもしれませんよ。

また、
1年後に、「おや、まあ!」と、成長に驚かされることも、きっとありますね。

ママといっしょだから、できることもあります。
ママといっしょに大きくなっていくこどもたち。

先生は見守るだけですが、いつもうれしい気持ちになっているのですよ。
みんなの姿に。

一人ひとりの発表ができるのは、そう場があるようでないのですから…。


だから、どんどん前に出て、ステージに立ってみてくださいね。
ステージが好きになっていきますよ、きっと!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。