スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月絵本でおんがくの様子~てぶくろをかいに 

2014, 01. 26 (Sun) 16:22

1月14:15~と15:30~のクラスは、「てぶくろをかいに」の紙芝居をしました。
BGMに「かぐや姫の物語」CDを流しました。

2つのクラスは、2歳3歳の子たちと幼稚園児の子たちのクラスでした。
両方のクラスで、「紙芝居」を読んだのですが、いつもと違う感触、雰囲気がありました!

こどもたちの眼が真剣で、
聴いている姿も身動きひとつせず、
そして、
いっしょにいるママさんたちもこどもたちと同じ姿で…。

幼稚園の子たちはいつも楽しい絵本のストーリーのせいか、絵本を読みながら、おしゃべりもたのしくやりとりしますが、今回は違いました。
聴き入ってました…。

2歳3歳の子たちも、長いお話だけど、静かにママのおひざで聴いていました。
ストーリーが母と子というのもあったのか、おはなしのとおりに、ママに手をこすってもらったり、手を出したり。
そのおはなしの中にみんながいました。

紙芝居の雰囲気が作用したのか、
「てぶくろをかいに」のストーリーが効果をもたらしたのか、
どちらなのでしょう。
それとも、月一ですが、続けて参加の子が多くなってきたので、おはなしを聴く姿勢が育ってきたのかも…。

1月のスタートの時にこの様にみんなと過ごせたことが励みとなりました。


2歳3歳クラス

「てぶくろをかいにいこう」(♪ゆき)
ママにおかねを2つ右手にもらい、グーにして、村のよろずやさんまで、おかいものに。
いそいで走ったり、村の近くはゆっくり歩いたり、ジャンプもしたね。
そして、先生よろずやまでたどりついたら、右手をパーにして出して、
「てぶくろください。」
みんながんばってできましたよ。
おうちに帰ったら、ママにぎゅっとしてもらってね!って言うことを先生忘れてた(>_<)
してもらった子いたかな。


一番もりあがりは 「もぐらどん(きつねさん)」ゲ~ム

 きつねさんのおやどかね
 つちごろり まいった ほい
 「きつねさん きつねさん てぶくろだよ」


コップを9人、ひとりずつ順にうたいながら、やりました。
コップを開けて、てぶくろがないと、「じゃ、なくて~」… 次を!
かわいい!

みんなやってました。みんなで声をそろえてやりました。

cup


幼稚園クラス
春からの進級をひかえて、みんなずいぶんしっかりしてきましたよ~。
その成長をみたのは、「うたうこと」
ただうたうのではなくて、みんなの前でひとりで自らうたえること。

「ゆき」の紙芝居をしました。
その時に Mくんが「ぼく、うたえるよ!」と言って、2番まで歌詞もまちがえずに、みんなの方を向いて、前で堂々とうたってくれました。
先生は紙芝居を。

次にも、別の子も。。。

自らすすんで。なかなかできることではありません。先生は嬉しくなりました。
きっと1番嬉しくてびっくりしているのは、ママたちでしょうね。

このクラスの子たちは、絵本でおんがくがスタートした年からずっと参加している子たちです。
かれこれ3年が経ちました。
月1回音楽あそびをする中ででも、このようなことも学んで育っているのだな、と実感しました。

得るものがあり、それが実感できた3年目。
石の上にも3年。
とはこのことかも…(*^。^*)

3月春からは、4年目に入ります!!

先生もみんなといっしょにがんばるよ!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。